化粧品

アンチエイジングはクリニックにて。

本気でアンチエイジングを考え、実行したら、とにかくかかるのが時間とお金です。
ひとつ気になるシミを発見したらそのシミを消す事に様々な情報を入手して
シミを消す効果のあるスキンケア商品を購入して、
効果がなければまた別の商品を購入して、・・・。
やっとシミが消えた頃には今度はそのすぐ横にあるソバカスが気になり始めたり。
こんな風に、結局美容って一度求めだしたら終わりがない世界だと私は思っています。
そして、同時にこうも思います。
私は横着ものだから、楽して確実な結果だけ欲しい。と。
私が選んだ美容法はずばり、美容外科でのレーザー照射でした。
CO2レーザーといって顔に小さな小さな穴を開けるレーザーです。
これにより肌が脱皮するかのようにポロポロと皮が剥けてきます。
いわゆるダウンタイムです。しばらく熱感は引かないしところどころ血が出ることも。
かなりの荒療治ではありますが、顔にできた穴(傷)を修復するために
肌細胞がフル稼働し、皮が剥けるごとに新しいお肌に入れ替わっていくというものです。
1回の照射でたいだい10%くらい、入れ替えが行われるそうです。
私は5回コースを申込み、4回を終えたところでしばらく休んでいます。

というのも、4月以降は夏と変わらぬ量の紫外線が注がれているので
レーザー照射後の無防備な肌には刺激が強すぎるのです。
残りの1回は梅雨に入ると同時に打つか、もしくは11月以降に打とうかと思っています。
照射中の痛みは相当なものですが、その後に現れる新しくて綺麗なお肌を見る度に、
やっぱりレーザーを選んで正解だったなぁとしみじみ思います。

中性ボディに

料理において水は大事なものであると思います。しかし、野菜もたくさんお水を含んでいるということを今一度見直そうではありませんか?

 

てなことで、最近私は、水を極力使用せず、本来の野菜の水分を利用するようにしています。

 

料理にもよるんですけど、こうすることによって野菜の栄養分をギュッと摂れるような気がします。

 

ほぼほぼ皮ごと使用して溶かすことがポイントなんで、煮込み系料理にのみ有効かなと思います。
例えば、カレーやスープね。更に言うなら、圧力鍋を使用すればもっといいのかもしれないけれど、うちには今なくて専らひたすら煮込んでいます。

 

お水も大事だけど、あんまり摂るとむくみがでるので、ミネラルやその他の栄養素を摂るには単純に野菜かなと思い、こうしています。

 

心なしか、以前に比べると、身体も楽になりました。以前テレビで、身体を中性にすることが大切だと。
大体の人の食事は酸性なんですって。
そこで、アルカリ性を投下して中性にしてあげる。テレビで知ってから、これを心がけています^ー^皆さんも是非中性に!

シートパックの使い方

一年を通して乾燥肌の私ですが
普段、化粧水と乳液で手入れするだけでは
どうも、肌の奥のほうまでは保湿が行き届いていないだろうと
ときどき思い出したかのように、シートパックをします。

 

美容液のしみこんだシートを顔に乗せて目を閉じていると
リラックス効果も満点ですがよくそのまま眠ってしまって気がついたら
何時間もそのままの状態、ということがあります。

 

これ、実はあまり良くないそうです。

 

私がよく使うシートパックの使用法に書かれてある、放置する時間は
だいたい10分から15分くらい。効果を出そうとしてこれ以上時間を
置いても美容液が乾いてくる上、かえって逆効果になることも
あるそうです。少し分かりにくいのですが美容液が蒸発するときに
一緒に肌の水分も蒸発する、という考えらしいです。
加湿と保湿は似てるけれど違うんですね。なるほど。

 

時間が来たらさっさと外し、その後はきちんとクリームなどで
保湿ケアをすること。それでこそ保湿をキープできるということでした。

 

日頃、しっかりメイクの人ほど、基本的なスキンケアを怠ってはいけませんよね。

 

激安の脱毛サロンを一挙ご紹介いたします!

アンチエイジングは足腰から

外見のアンチエイジングも大切だと思います。

 

しかし、カラダそのもののアンチエイジングを図らないと、
根本的な部分で改善は難しいのではないかなぁと考えております。

 

足腰がしっかりしてること。
それは体幹の強さにもつながってきますので、
非常に大切なことではないかと。

 

先日、NHKで楽しみながら足を鍛えるという特集をやっておりました。

 

「ステップ体操」

 

ヒップホップダンスのステップの要素を取り入れた体操で、
テレビを見ていた感じでは、最初のうちはちょっと難しいかもしれないけれど、
慣れれば結構いい運動になるし、楽しめるというのも理解できるような気がしました。

 

基本となる運動スタイルは3つです。

 

・ワイドダウン
・ランニングマン
・キック&オープン

 

ワイドダウンは軽めのスクワットのようなものをイメージしていただければいいかと思います。
両足を肩幅より広めにとって、カラダを弾ませるような動きをします。
この時大事なポイントは、踵をできるだけ高く持ち上げてしっかり着地するということ。
足を広げることで内ももが鍛えられ、踵の上下でふくらはぎが鍛えられます。

 

ランニングマンはまさにその場でランニングをするような動きです。
お尻とももの裏側が鍛えられます。
両足を着地する瞬間があるのですが、この時に前傾姿勢をとるようにするとより負荷がかけられるそうです。

 

キック&オープンはももの前側を鍛えます。
片足を蹴り出す⇒戻す⇒O脚⇒反対の足を蹴りだす…の繰り返しです。

 

見た目以上に負荷がかかる運動ですので、

 

・屈伸などの準備運動を怠らないこと。
・慣れるまでは1回の運動は30秒程度にとどめておくこと。
・週3回程度にして、膝に痛みが出たらすぐ中止すること

 

以上に気をつけてください。

 

私も試しにワイドダウンをやってみましたが、
20秒ほどで結構きました。

 

興味がある方は、NHKニュースおはよう日本の「けんコン!」のページにバックナンバーがありますので、
そちらを参照してみてください。

運動不足だとだめですね

私は何を食べてもすぐに太ってしまうので、食べる関係のダイエットをこれまで繰り返してきました。
置き換えダイエット、断食ダイエットなど、数々のダイエットを行ってきました。
ですがどれもこれも長続きせずに、途中で挫折してダイエットを失敗してしまったのです。
私のやる気の問題なのかもしれませんが、食べ物関係のダイエットは私には向いていなかったんだと思っています。
ですから今度は運動によってダイエットできるものに変えたのです。
丁度テレビの通販番組で、運動によってダイエットができる商品を紹介していました。
番組では楽に?せられると連呼していたので、私は直ぐに飛び付いて購入したのです。
購入してすぐに説明書通りにやってみたのですが、これまた長続きしなかったのです。
何故かと言えば、日ごろの運動不足に因るものなのです。
私は普段、運動と言うべきものをしていませんから、このダイエット器具を使った事で、筋肉痛になってしまったのです。
また急に運動したものですから、とてつもない疲労に襲われてしまったのです。
私は数日動けない体になってしまい、このダイエット器具も今では押し入れの奥に眠っています。